11月2日(土)
子宮体部 P-1-041 「子宮体部癌における腹水細胞診と再発形式・予後」
的田眞紀 (がん研有明病院婦人科)
子宮頚部 P-1-090 「当院における子宮頚がん検診追跡向上に向けての取り組み」
寒川月久美 (医療法人定生会谷口病院)
子宮頚部 P-1-110 「スポンジを用いた妊娠中LBCの精度と採取時出血率の検討」
森本恵爾 (東京慈恵会医科大学附属病院柏病院産婦人科)
乳腺 P-1-200 「乳腺Mucocele-like tumorの検討」
北山美佳 (三重大学医学部附属病院乳腺センター)
乳腺 P-1-226 「乳腺穿刺吸引細胞診におけるパネート細胞様細胞の検討」
高橋明日香 (高知大学医学部附属病院病理診断部)

 11月3日(日)
呼吸器 P-2-005 「非小細胞肺癌におけるMET過剰発現と体腔液細胞像」
中村信之 (国家公務員共済組合連合会虎の門病院病理部)
口腔,唾液腺 P-2-070 「多形腺種と鑑別に苦慮した唾液腺腫瘍の4例」
松永志保  (関西医科大附属滝井病院)
泌尿器 P-2-084 「上部尿路癌の細胞診断について」
小林徳子  (名鉄病院中央臨床検査部病理)
体腔液 P-2-141 「腺癌との鑑別を要した長い偽線毛を有する反応性中皮腫が出現した1例」
鶴岡慎悟  (埼玉社会保険病院病理部)
卵巣 P-2-196 「IMP3(insulin-like growth factorIImRNA-binding protein 3)の細胞学的検討」
水野圭子  (高知赤十字病院病理診断科)



    詳細・Web投票結果はこちら


  





平成25年度より細胞診専門医会は年1 回春期大会時に開催されることになりましたが、秋期大会ではそれに代わるものとして細胞診専門医セミナーを開催することになりました。これは細胞診専門医会と同様に資格更新クレジットとして30単位が付与されます。

一方、平成26 年度より細胞診専門医養成を目的とした新たな教育研修制度が始まります。この制度では、教育研修認定施設において、修練医に対し臨床細胞学研修ガイドラインに則った研修カリキュラムの指導を行う教育研修指導医の認定と資格更新を行います。今後、教育研修指導医には教育研修指導医講習会の受講が義務付けられます。
本秋期大会で開催される細胞診専門医セミナーは教育研修指導医講習会を兼ねております。この受講記録は、来年度からの新教育研修制度における教育研修指導医の認定と資格更新に必要となります。多くの細胞診専門医のご参加をお願いいたします。

なお、細胞診専門医研修指定講座は従来通り行い、資格更新クレジットとして15単位が付与されます。講座終了時に聴講証明書を配布いたします。

I 細胞診専門医セミナー(教育研修指導医講習会を兼ねる)
日時11月3日(日)15:45〜16:45
会場第1会場(5F 大ホール)
座長覚道健一
はじめに佐々木寛
演題1我が国の専門医制度現状と将来の方向性
演者千田彰一(日本専門医制評価・認定機構理事)
演題2新研修制度と細胞診専門医研修カリキュラムについて
演者植田政嗣(細胞診専門医研修ワーキンググループ)
II 細胞診専門医研修指定講座
細胞診専門医会では、細胞診専門医の資格更新のためのクレジットの一部にすることを前提に毎回の学術集会プログラムから「細胞診専門医研修指定講座」を選定しております。この度の第52回日本臨床細胞学会秋期大会・学術集会のプログラムの中から、細胞診専門医の生涯教育のための研修プログラムとして特にふさわしい下記の講演を、細胞診専門医会生涯教育担当総務(岩坂剛)、専門医会会長(覚道健一)が選定し、「細胞診専門医研修指定講座」に決定いたしました。

  1.医療安全セミナー「医療訴訟とリスクマネジメント」
日時11月2日(土)10:50〜11:50
会場第1会場(5F 大ホール)
座長森谷卓也
演者田邉昇(弁護士・医師)
  2.シンポジウム8「臨床医が求める細胞診」(細胞検査士会要望教育シンポジウムを兼ねる)
日時11月3日(日)13:10〜15:10
会場第1会場(5F 大ホール)
細胞診専門医会会長 覚道 健一
細胞診専門医委員会委員長 植田 政嗣
第52回日本臨床細胞学会秋期大会会長 若狹 研一





プログラムのお知らせ(敬称略)

シンポジウム・ワ-クショップなど各セッションの 企画の言葉 をクリックすると、座長からのメッセ-ジ画面につながります。

特別講演

1. わが国のがん対策の現状と今後の展望
演者:門田守人 (厚生労働省 がん対策推進協議会 会長
がん研究会有明病院 病院長)
2. 自然免疫の最近の進歩
演者:審良静男(大阪大学WPI免疫学フロンティア研究センタ− 拠点長)

会長講演

早期肝細胞癌
演者:若狹 研一(石切生喜病院病理診断科)

要望講演

1 子宮頸癌検診とコルポスコピー
演者:植田 政嗣(大阪がん循環器病予防センター婦人科検診部)
2 喫煙の健康影響
演者:祖父江 友孝(大阪大学大学院医学系研究科環境医学)
3 腫瘍幹細胞の可視化と、その問題点
演者:森井  英一(大阪大学大学院医学系研究科病態病理学・病理部)
4 MIXED TUMORS OF THE ENDOMETRIUM
演者:Steven G. Silverberg(University of Maryland, Baltimore, USA)
5 悪性リンパ腫と分子標的薬
演者:大澤 政彦(大阪市立大学大学院医学研究科診断病理学)
6 乳癌転移巣でのバイオマーカー発現状況の検索における細胞診の有用性
演者:黒住 昌史(埼玉県立がんセンター病理診断科)
中村 力也(千葉県がんセンター)
7 尿細胞診に際して知っておきたい泌尿器疾患の病理肉眼・組織像
演者:村田 晋一(和歌山県立医科大学人体病理学教室)
8 肺癌のWHO分類
演者:野口 雅之(筑波大学医学医療系診断病理学)
9 コンパニオン診断の現状と今後の課題
演者:畑中 豊(北海道大学病院病理部)
10 WT1ペプチドがんワクチン
演者:杉山 治夫(大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学)
11 肺がん診療と細胞診:特に肺がん外科における細胞診の果たす役割の重要性について
演者:東山 聖彦(大阪府立成人病センター呼吸器外科)

教育講演

1. 体腔液細胞診の現状と将来展望
演者:亀井 敏昭(山口県立総合医療センター病理診断科・中央検査部)
2. 圧挫処理標本による中枢神経系腫瘍の細胞診断学的アプローチ
演者:畠 榮(川崎医科大学附属川崎病院病理部)
3. FNA Cytology practice in Europe: the Italian way and the organization of a Clinical Cytopathology Clinic
演者:Franco Fulciniti(Istituto Nazionale Tumori “Fondazione G. Pascale”, IRCCS, Naples, Italy)
4. わが国のがん対策について
演者:赤羽根 直樹(厚生労働省健康局がん対策・健康増進課)
5. IgG4関連疾患―日本発の新規疾患概念
演者:佐藤 康晴(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病理学分野(腫瘍病理/第二病理))
6. OSNA法
演者:辻本 正彦(大阪警察病院病理診断科)
7. 子宮頸がん検診:英国モデルとその事情
演者:田渕 未里(ダコ・ジャパン)
8. 口腔病変の臨床像と細胞像
演者:関根 浄治(島根大学医学部歯科口腔外科学講座)
9. 子宮頸がんの制圧にむけてー頸がん検診とCIN管理について
演者:斉藤 淳子(関西医科大学産婦人科)
10. 感染症の細胞診
演者:堤 寛(藤田保健衛生大学医学部第一病理学)
11. 難治性子宮体癌に対する治療戦略;基礎と臨床
演者:吉野 潔(大阪大学医学部産婦人科)
12. 乳腺Solid papillary carcinoma −新たにWHO分類に加えられたその疾患概念と細胞所見−
演者:山田 真人(聖隷浜松病院臨床検査部)
13. 尿路細胞診のピットフォール:良悪性が問題になる細胞像
演者:桜井 孝規(大阪府済生会野江病院病理診断科)
14. 子宮間葉性腫瘍-平滑筋腫瘍の病理組織診断における留意点と針生検・捺印細胞診の実際-
演者:川村 直樹(大阪市立総合医療センター婦人科)
15. 乳癌の個別化治療を目指した病理・細胞学的評価の意義
演者:森谷 卓也(川崎医科大学病理学2)
16. 膵腫瘍の画像と組織像・細胞像
演者:竹中 明美(大阪府立成人病センター病理・細胞診断科)

シンポジウム

1 内膜細胞診のPitfalls克服を目指して ―悪性との意義が確定できない異型内膜上皮細胞に関する検討を中心に― 企画の言葉
座長: 矢納 研二(JA三重厚生連鈴鹿中央総合病院婦人科)
清水 恵子(大阪府済生会野江病院病理診断科)
演者: 矢納 研二(JA三重厚生連 鈴鹿中央総合病院 産婦人科)
棟方 哲(独立行政法人堺市立病院機構 市立堺病院 病理診断科)
花田 梓(東京女子医科大学 産婦人科学教室)
大野 喜作(株式会社保健科学 東日本 細胞病理課)
豊田 進司(奈良県立奈良病院 産婦人科)
藤田 博正(北海道対がん協会 細胞診センター 婦人科)
2 新ガイドラインに基づいた甲状腺細胞診 企画の言葉
座長: 覚道 健一(神戸常盤大学保健科学部医療検査学科)
加藤 良平(山梨大学大学院医学工学総合研究部・人体病理学講座)
演者: 中村 浩淑(隈病院 内科)
越川 卓(愛知県立大学看護学部)
鈴木 彩菜(隈病院 臨床検査科)
丸田 淳子(医療法人 野口病院 研究検査科病理)
亀山 香織(慶應義塾大学 医学部 病理診断部)
坂本 穆彦(大森赤十字病院 検査部)
3 ITを用いた遠隔診断 企画の言葉
座長: 白石 泰三(三重大学院医学系研究科腫瘍病態解明学)
渡邉 みか(東北大学病院病理部)
演者: 加藤 元一(済生会滋賀県病院 病理診断科)
金山 和樹(三重大学大学院医学系研究科 腫瘍病理学)
広瀬 徹(独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター 臨床検査科)
丸山 健((株)ピーシーエルジャパン)
鷲谷 清忠(弘前大学大学院保健学研究科 病態解析科学)
4 A new insight of the reporting system of endometrial cytology following the Bethesda system
座長: 青木 大輔(慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室)
Matías Jiménez-Ayala(Instituto Jiménez-Ayala, Madrid, Spain)
演者: Vesna Mahovlic(Department of Gynecologic Cytology, University Department of Pathology and Cytology,
                         University Hospital Center Zagreb, Croatia)
David Chhieng(Department of Pathology, Yale University, New Haven CT, USA)
Alessia Di Lorito(Experimental and clinical science, G. d'Annunzio University, Chieti, Italy)
Kenji Yanoh(Department of Gynecology, Suzuka General Hospital)
5 泌尿器細胞診の新報告様式を考える 企画の言葉
座長: 白石 泰三(三重大学院医学系研究科腫瘍病態解明学)
是松 元子(埼玉社会保険病院 病理部)
演者: 金城 満(製鉄記念八幡病院 病理診断科/検査部)
都築 豊徳(名古屋第二赤十字病院 病理診断科)
大谷 博(社会医療法人白十字会 白十字病院 臨床検査科)
関田 信之(千葉県済生会習志野病院 泌尿器科)
今井 律子(西知多医療厚生組合東海市民病院臨床検査科)
三浦 弘守(東北大学病院 病理部)
福田 正彦(三菱化学メディエンス株式会社 検査センター 病理細胞診部)
6 細胞診における精度管理と標準化にむけて 企画の言葉
座長: 長村 義之(国際医療福祉大学病理診断センター)
小林 忠男(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻)
演者: Franco Fulciniti(Istituto Nazionale Tumori “Fondazione G. Pascale”, IRCCS, Naples, Italy)
三上 芳喜(京都大学医学部附属病院 病理診断科)
則松 良明(愛媛県立医療技術大学 保健科学部 臨床検査学科)
藤井 和晃(公益財団法人鳥取県保健事業団)
戸澤 晃子(聖マリアンナ医科大学 産婦人科学)
蓮尾 泰之(国立病院機構九州医療センター 産婦人科)
7 非小細胞肺癌の治療戦略と細胞診断 企画の言葉
座長: 大林 千穂(奈良県立医科大学医学部病理診断学講座)
中谷 行雄(千葉大学大学院医学研究院診断病理学講座)
演者: 里内 美弥子(兵庫県立がんセンター 呼吸器内科)
酒井 康裕(神戸大学 医学部附属病院 病理診断科)
河野 幸治(香川大学医学部附属病院 病理部)
森谷 純(北海道大学病院 病理部)
柴田 典子(愛知県がんセンター中央病院 臨床検査部)
辻本 正彦(大阪警察病院 病理診断科)
8 臨床医が求める細胞診 企画の言葉
座長: 宝来 威(がん研究会有明病院 呼吸器内科)
竹中 明美(大阪府立成人病センター 病理・細胞診断科)
演者: 村上 隆介(京都大学医学部附属病院 産科婦人科)
大野 喜作(株式会社保健科学 東日本 細胞病理課)
今村 文生(大阪府立成人病センター 呼吸器内科)
須貝 美佳(新潟大学 医歯学総合病院 病理部)
平田 哲士(千葉県がんセンター 臨床病理部)
9 肺の高悪性度神経内分泌腫瘍をめぐる諸問題 −診断から治療まで− 企画の言葉
座長: 佐藤 之俊(北里大学医学部呼吸器外科)
井上 健(大阪市立総合医療センター病理部)
演者: 仁保 誠治(国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)
伊豫田 明(東邦大学 医学部 外科学講座 呼吸器外科学分野)
元井 紀子(公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部)
蔦 幸治(国立がん研究センター中央病院)
星 利良(がん研究会有明病院 臨床病理センター 細胞診断部)
10 細胞検査士養成の現状と将来 企画の言葉
座長: 広岡 保明(鳥取大学医学部保健学科病態検査学講座)
杉島 節夫(九州大学大学院医学研究院保健学部門検査技術科学分野病態情報学講座)
演者: 村田 善則(文部科学省高等教育局医学教育課)
古田 則行(がん研究会 有明病院 付設 細胞検査士養成所)
服部 学(北里大学 医療衛生学部 臨床細胞学)
南雲 サチ子(大阪大学 大学院医学系研究科保健学専攻 がん教育研究センター)
山下 公太郎(厚生労働省健康局がん対策・健康増進課)
11 悪性中皮腫の診断・研究のフロンティア2013 企画の言葉
座長: 河原 邦光(大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 病理診断科)
岡 輝明(公立学校共済組合関東中央病院 病理科)
演者: 亀井 敏昭(山口県立総合医療センター病理診断科・中央検査部)
濱川 真治(公立昭和病院 臨床検査科)
廣島 健三(東京女子医科大学 八千代医療センター 病理診断科)
鍋島 一樹(福岡大学 医学部 病理学講座・病理部)
樋野 興夫(順天堂大学 医学部 病理・腫瘍学)

ワ-クショップ

1 唾液腺腫瘍の細胞診、筋上皮性腫瘍細胞の多彩性に迫る 企画の言葉
座長: 廣川 満良(隈病院病理診断科)
河原 明彦(久留米大学病院病理部)
演者: 河原 明彦(久留米大学病院病理部)
浦野 誠(藤田保健衛生大学 医学部 病理診断科)
山尾 直輝(医療法人 神甲会 隈病院 臨床検査科)
浦野 誠(藤田保健衛生大学 医学部 病理診断科)
加藤 拓(杏林大学 医学部 附属病院 病院病理部)
2 口腔がん検診の現状 細胞診を用いた早期がん発見の試み 企画の言葉
座長: 山本 浩嗣(日本大学松戸歯学部病理)
田中 陽一(東京歯科大学市川総合病院臨床検査科病理)
演者: 石橋 浩晃(島根大学医学部歯科口腔外科学講座)
久山 佳代(日本大学 松戸歯学部 口腔病理学講座)
松坂 賢一(東京歯科大学 臨床検査病理学講座)
野口 沙希(東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科学講座)
佐々木 優(医療法人優和会 おひさまにこにこ歯科医院)
木村 利明(木村歯科医院)
3 CIN2の取扱い 企画の言葉
座長: 植田 政嗣(大阪がん循環器病予防センター 婦人科検診部)
小笠原 利忠(誠仁会大久保病院 婦人科)
演者: 飯田 哲士(神奈川県立がんセンター 婦人科)
錦見 恭子(千葉大学医学部附属病院 婦人科)
東田 太郎(赤穂市民病院 産婦人科)
藤田 勝(岡山大学病院 病理部)
4 EUS-FNA 技術と応用 企画の言葉
座長: 北野 雅之(近畿大学消化器内科)
所 嘉郎(あいち小児保健医療総合センター)
演者: 肱岡 範(愛知県がんセンター中央病院 消化器内科)
井上 博文(岡山大学病院 病理部/病理診断科)
入澤 篤志(福島県立医科大学会津医療センター 消化器内科学講座)
松本 和也(鳥取大学 医学部 消化器内科)
棚田 諭(大阪医科大学 病理学教室)
三橋 智子(北海道大学病院 病理部)
5 幹細胞〜癌幹細胞と細胞診について 企画の言葉
座長: 森井 英一(大阪大学大学院医学研究科病態病理学・病理部)
片岡 秀夫(彦根市立病院 臨床検査科)
演者: 笹原 正清(富山大学 医学薬学研究部 病態病理学講座)
片岡 秀夫(彦根市立病院 臨床検査科)
宮本 朋幸(倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命医科学科)
森井 英一(大阪大学大学院 医学系研究科 病態病理学・病理部)
光武 範吏(長崎大学 原爆後障害医療研究所)
6 女性細胞検査士による女性のための細胞診
座長: 増田 しのぶ(日本大学医学部 病態病理学系腫瘍病理学分野)
小松 京子(がん研究会有明病院 臨床病理センター細胞診断部)
演者: 田口 雅子((公財)田附興風会医学研究所 北野病院 病理診断科)
井上 玲郁(大阪医科大学 病理学教室)
玉野 裕子(金沢大学附属病院 病理部)
渡辺 亜美(伊藤病院 診療技術部 臨床検査室)
堀内 広美(駿河台 日本大学病院 病理診断科)
小瀬木 輪子(佐々木研究所附属杏雲堂病院 検査科病理)
7 卵巣腫瘍の診療と細胞診 企画の言葉
座長: 三上 芳喜(京都大学病院 病理診断科)
柳井 広之(岡山大学病院 病理診断科)
演者: 柳井 広之(岡山大学病院 病理診断科)
笹島 ゆう子(帝京大学医学部病理学講座)
亀井 敏昭(山口県立総合医療センター 病理診断科・中央検査部)
豊田 進司(奈良県立奈良病院 産婦人科)
永宗 恵子(埼玉県立がんセンター 検査技術部 )
8 肺癌エックス線と喀痰検診をめぐる現状と未来 企画の言葉
座長: 池田 徳彦(東京医科大学 呼吸器外科)
中山 富雄(大阪府立成人病センター がん予防情報センター 疫学予防課)
演者: 遠藤 千顕(東北大学病院 呼吸器外科)
佐藤 雅美(日本肺癌学会喀痰細胞診による肺癌検診小委員会)
佐藤 之俊(北里大学 医学部 呼吸器外科学)
吉田 勤(群馬県立がんセンター 臨床病理検査)

特別フォーラム

福島県県民健康管理調査における甲状腺細胞診の役割
座長: 八重樫 伸生(東北大学大学院医学系研究科婦人科学分野)
演者: 逸見 正彦(福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター)

病理・細胞診セミナー

1 「子宮頸部細胞診における誤判定を防ぐために」−Overdiagnosis, Underdiagnosisをしないコツ−
座長: 室谷 哲弥(こころとからだの元氣プラザ 婦人科)
石山 功二(東京都予防医学協会 細胞診断科)
演者: 郡 秀一(杏林大学保健学部細胞診断学研究室)
三上 芳喜(京都大学病院病理診断部)
2 泌尿器
座長: 下釜 達朗(製鉄記念八幡病院 病理診断科)
尾坂 明美(製鉄記念八幡病院 検査部)
演者: 井関 充及(佐世保共済病院病理診断科)
田中 義成(佐世保共済病院病理診断科)
山城 勝重(独立行政法人北海道がんセンター病理診断科)
平 紀代美(独立行政法人北海道がんセンター臨床検査)
3 体腔液の細胞診断
座長: 廣島 健三(東京女子大学付属八千代医療センター 病理診断科)
濱川 真治(公立昭和病院 臨床検査科)
演者: 丸川 活司(北海道大学病院病理部)
岡 輝明(公立学校共済組合関東中央病院臨床検査科・病理科)
4 膵・胆道細胞診の基礎
座長: 井村 穣二(富山大学大学院医学薬学研究部 病理診断学講座)
稲山 久美子(大阪赤十字病院 病理診断科)
演者: 内田 好明(茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター医療技術部 臨床検査科)
相島 慎一(九州大学大学院形態機能病理)
5 ALK肺癌を考える細胞像、組織像
座長: 南 優子(筑波大学 医学医療系診断病理学)
河原 明彦(久留米大学病院 病理部)
演者: 藤山 淳三(公益財団法人がん研究会有明病院細胞診断部)
元井 紀子(公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部)
6 乳腺
座長: 市原 周(国立病院機構 名古屋医療センター 病理診断科)
杉浦文美(国立病院機構 石川病院)
演者: 大森 昌子(岡山大学病院病理診断科)
松岡 博美(岡山大学病院病理診断科)
7 子宮内膜細胞診の標準化を目指して
座長: 小林 寛(立川メディカルセンター立川綜合病院 病理科)
則松 良明(愛媛県立医療技術大学保健科学部 臨床検査学科生体情報学講座)
演者: 赤澤 康弘(聖隷浜松病院検査部)
前田 宜延(富山赤十字病院病理)
萬歳 千秋(新潟大学産婦人科)
8 口腔癌
座長: 小川 郁子(広島大学病院口腔検査センター)
秀島 克巳(島根大学医学部歯科口腔外科学講座)
演者: 岸野 万伸(大阪大学大学院歯学研究科口腔病理学教室)
太田 沙世子(大阪府立成人病センター臨床検査科病理・細胞診)
9 甲状腺未分化癌
座長: 林 宏行(横浜市立市民病院 病理診断科)
中澤 久美子(山梨大学 医学部附属病院病理部)
演者: 近藤 哲夫(山梨大学医学部人体病理学)
森光 理絵(伊藤病院診療技術部 臨床検査室)

国際フォーラム “Global Asia Forum”
Cytology Quality Improvement: Hepatobiliary System and Pancreas

司会: 中泉 明彦 (創価大学看護学部)
山雄 健次 (愛知県がんセンター中央病院 消化器内科)

1.Pancreatic cytology: an EUS-FNA approaches in Colombia
Lilia Magdalena Osario(Bogota, Colombia)
2.The use of liver biopsy in the histocytological diagnosis of Non-alcoholic steatohepatitis (NASH)
Zhanar Yeleubayeva(Almaty, Kazakhstan)
3.FNA cytology of liver and pancreas (intraoperative / CT-guided): the role of the cytopathologists
Binnur Onal(Ankara, Turkey)
4.Cytology of pacreatic cyst by means of EUS-FNA: How to improve the yield
Dong Wan Seo(Seoul, Korea)

医療安全セミナー

医療訴訟とリスクマネジメント
演者:田邉 昇(中村・平井・田邉法律事務所 医師・弁護士)